热门专业论文: 英语论文 日语论文 法语论文 俄语论文 德语论文 西语论文 韩语论文 越南语论文 阿拉伯语论文

关于大江健三郎的作品里面的人类本性-以饲养为中心_日语论文.doc

资料分类:日语论文 高级会员(日语系小樱)提供原创论文资料更新时间:2016-08-27
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:8329
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:本稿では、国内外の先行研究を踏まえて、テキスト分析を通して、『飼育』における人間性への思考という角度から研究を展開する。まず、人間性の定義を論述する。次に、大江健三郎の人間性への思考はいかに『飼育』で展開したのかを二つの方面で明らかにした。最後に、何故人間性への思考を展開させたのかということを遡る。つまり、『飼育』を中心に、大江健三郎の人間性への思考はどのように作品で展開したのか、またその思考の根源は何かを研究してみたい。

キーワード:大江健三郎 人間性 「飼育」 実存主義 ヒューマニズム

 

  本稿はまず大江健三郎の人間性への思考という角度から、『飼育』を分析し、どのように人間性への思考を展開したのかを探求した。そして、人間性への思考--大江文学の重要なテーマの根源を探し、時代の背景と教育、恩師渡辺一夫との出会い、サルトルと実存主義からの影響と三つの原因が明らかにした。

人間性への思考は『飼育』の中だけでなく、中後期の作品にも延長する印がある。大江文学において人間性への思考は重要な位置を占めていると筆者が考える。

 

论文资料贡献者对本文的描述:大江健三郎の人間性への思考という角度から、『飼育』を分析し、どのように人間性への思考を展開したのかを探求した。そして、人間性への思考--大江文学の重要なテーマの根......
相关论文题目: