热门专业论文: 英语论文 日语论文 法语论文 俄语论文 德语论文 西语论文 韩语论文 越南语论文 阿拉伯语论文

从筷子看中日文化的差异_日语论文.rar

资料分类:日语论文 高级会员(riku0803)提供原创论文资料更新时间:2016-04-02
需要金币1000 个金币 资料包括:完整论文,开题报告 下载论文
转换比率:金额 X 10=金币数量, 例100元=1000金币 论文字数:8527
折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情 论文格式:Word格式(*.doc)

要旨:本稿では、日本と中国における箸の違いを比較検討した。それぞれの名称、種類、外観、食法、食事作法について比較を行った。その結果、日中の箸の名称は同じだ。しかし、日本の箸の種類は中国よりもっと多い。また、食事作法はほぼ同じだが、日中が箸に対する感情が違う。

キーワード:中国の箸 日本の箸 異同 文化

 

世界の食法には、「手食」、「箸食」、「ナイフ、フォーク,スプーン食」の三つがあり、そのうち手食が約四十%、箸食とナイフ食が、それぞれ三十%の割合である。中国、朝鮮半島、日本、ベトナムなどは箸食である。これは食物の違いと食事のマナーの違いによって決まった。私たちの身近な道具の中で、箸ほど素朴なものは見つからない。中国は箸の発祥地で少なくとも三千年の歴史を持ち、世界で箸を使用し食事をする母国である。日本は箸の国といわれ、日本人の一生は、お箸に始まり、お箸に終わる。“箸が持てなくなったら、おしまいだ”等といわれるように、昔から日本人にとって箸は生活に密着し、なくてはならないものだ。しかし、日本と中国は箸における相違点がたくさんある。そこで、本稿では日本と中国のお箸の名称、種類、外観、食法、食事作法について考察することによって、日中文化の違いを検討する。以下では、まず、具体的に両国の箸を取り上げ、比較する。次に、箸から見る日中文化の違いを検討する。

论文资料贡献者对本文的描述:日本の箸の名称は箸である。一方、現代の中国語では箸のことを「筷子」と言うが、古い書物の中では「箸」という文字が使われている。木偏がついている場合もあ......
相关论文题目: